日本製の鉄フライパンを探しているなら、おすすめはコレ!

「鉄フライパンを買うなら、やっぱり日本製がいいな」と思っている方は多いのではないでしょうか?

私もその一人で、どれにしようか悩んだ結果、リバーライト社の「極(きわめ)」フライパンを買いました。

鉄フライパン極



>>管理人が極フライパン26cmを購入したお得なショップはこちら



私が数ある日本製の鉄フライパンの中でなぜ「極」を選んだのか、というと、理由は下記のとおりです。

鉄フライパン「極」を使ってみてよかったことは?

・調理した料理が美味しい

同じ食材でも以前使っていたフッ素樹脂加工のフライパンに比べると味は格段に違います。

熱伝導の速さで食材の旨みをギュッと閉じ込めてくれるので、美味しさを逃がしません。

・お手入れが簡単

鉄のフライパンはお手入れが面倒と思われがちですが、極フライパンは簡単!

極はさび止め加工はされていないので面倒な「から焼き」も必要ないですし、調理後はお湯とタワシでゴシゴシして乾かして終了!とっても簡単です。

・使い方次第で一生もののフライパンに

フッ素樹脂加工のような表面加工がされていないので、表面が剥げたりすることがないので安心。

大切に使えば買い替える必要もなく、一生ものになると思います。

・・・でも、鉄フライパンがおすすめとはいえ、短所もいくつか。

鉄フライパンを使ってみての短所は?

・油をたくさん使う

鉄フライパンを使うときは、必ず調理する前に「油返し」をするために、お玉一杯くらいの油を使います。

オイルポットがあれば何度か繰り返し使うことができますが、油をほとんど使わなくてもこびりつかないフッ素樹脂加工フライパンなどに比べると、使う油の量はとても多くなると思います。

だからといって油をケチってしまうと、こびりついてしまいます。。。

・朝の忙しい時には向かない

平日の朝の忙しい時間に、鉄フライパンを熱して、油返しをして目玉焼きやオムライスなどを作るとなると、正直フッ素樹脂加工のフライパンを使うより時間がかかります。

朝できるだけ時間をかけずに食事を作りたいという場合には、鉄フライパンは少し不向きなのかもしれません。

ですから、時間があるときは鉄フライパン、時間がないときは表面加工が施されているフライパン、と使い分けするのがいいかもしれませんね。

他の鉄フライパンとの比較

日本製の鉄フライパンは「極」だけではありません。

有名なところでは「柳宗理」や「魔法のフライパン」などがありますし、その他日本の職人さんがひとつひとつ丁寧に作る鉄フライパンが数多くあります。

その中で私がなぜ極フライパンに決めたのかというと、ポイントになったのは「使いやすさ」と「値段」です。

「使いやすさ」については、実際に極フライパンを購入して使ってみたという方々の感想を参考に決めたのが正直なところです。

実際使ってみても、全く不満はありません。

最後まで比較検討していた「柳宗理」の鉄フライパンは、評価が高い反面、「表面加工がはげると焦げ付く」という感想が割とあったので、結局極にしました。

そして値段についてですが、私は極フライパン(26センチ)を楽天で6,000円弱で購入しました。



>>楽天市場で極フライパンの人気ランキングを見てみる



以前使っていたティファールのフライパン26センチでも5,000円はしましたし、ティファールは表面加工がしてあるので買い替えが必要ですので、そう考えると極フライパンが6,000円で一生使えるなら安いものですよね。

料理が美味しくなって、お手入れも簡単、そして一生ものになる鉄フライパン「極」はおすすめです。


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします♪

このページの先頭へ