大人気のニトリのスキレット「ニトスキ」は便利なプチ鉄フライパン♪

数年前から人気が衰えないスキレット

「スキレット」とは、鉄製のプチフライパン

アウトドアでもダッチオーブン(鉄製の蓋つき鍋)同様よく使われていますよね。

スキレットは「焼く」「蒸す」「煮る」「揚げる」「燻す」すべてできちゃう万能フライパンです!

無水料理や無油料理なども美味しくできてしまうそう。

そしてうれしいのは調理してそのまま食卓に出せるので便利さ!

保温性も高いのでアツアツが続く!!

見た目にもオシャレ♪スキレットが大人気なのもよくわかりますね(^^♪

スキレットも鉄フライパンと同じで、使えば使うほど味がでてくる一生もの。

私もスキレットを使った料理にチャレンジしようと、スキレットデビューです♪♪♪

私が買ったのは、スキレット初心者におすすめと言われているニトリのスキレット「ニトスキ」

ニトリのスキレット

大きさは6インチで、お値段462円(税込498円)という!

ワンコインでスキレットを買えるなんて!!

これならスキレット初心者でもデビューしやすいですよね。

スキレットは取っ手も熱くなるので専用のハンドルカバー、そして下に敷くコルクマット一緒にを購入。

ニトスキとハンドルカバーをコルクマットを買う。

ニトスキ専用ハンドルカバー

つけるとこんな感じです。

ハンドルカバーは138円(税抜)。

ハンドルカバーの中はこうなってます↓↓

ハンドルカバーの中入れカバー

スキレットはアッツアツになるので、焦げや汚れ防止のために中入れカバーもついています。

コルクマットは2枚で190円(税抜)でした。

コルクマット

さて、スキレットの使い始めは、鉄のフライパン同様に下準備が必要なのです。

それが「シーズニング」と呼ばれる、鉄フライパンの「油ならし」みたいなものでしょうか。

事前に油を全体になじませて、油の膜を作って錆びるのを防ぐ作業です。

鉄フライパンには絶対に欠かせない作業ですよね。

わたしもこれからとりかかります!!

スキレットの裏側


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします♪

このページの先頭へ